『お肉は好き!・・・だけど成人病や肥満が気になって』と、
むやみに肉食を敬遠していませんか?  
肉は、筋肉や血液を新しく作りかえる大切な栄養素
「たんぱく質」「ビタミンB1」そして「鉄分」など
ミネラルを含む、理想の食生活には欠かせない食材です。
元気なからだをつくるために、正しい食肉の知識を持って
上手に毎日の食事にとり入れましょう。

【作り方】
1.鉄板を煙が出るまで強火で熱する。油(牛脂)をひき溶かす。
2.強火のままお肉を焼く。(じゅじゅっと音が出るぐらい)
3.半分ほどの焼き目がついたころ、割り下(しょうゆ、砂糖)を入れ、
好みの野菜やしらたき(糸こんにゃく)・とうふを入れお肉からお召し上がり下さい。
4.お肉はけっして火を通しすぎない方が、いっそうおいしく召し上がれます。
【作り方】
1.しゃぶしゃぶなべに昆布だしを沸騰させておく。
2.しゃぶしゃぶ用薄切り肉をさっとお湯に通し、色が変わるか変わらない程度が食べごろです。
3.近江牛の本来の、濃厚な肉の旨みとあっさりとした脂の味は絶品です。好みのたれでお召し上がりください。
【作り方】
1.フライパン(鉄板)に油(牛脂)を溶かす。
2.鍋から煙が出るくらい熱して、焼く寸前に塩・コショーした肉を両面1回ずつ強火で焼く。焼き加減は好みですがレアでお召し上がりになりたい方は、焼き色が両面ついたらすぐ火を止めてください。ミディアム、ウェルダンの場合は少し弱火にしてふたをしてください。
塩・コショーを早めにして時間おいてしまうと、肉の水分が旨みと一緒に流れ出てしまいます。必ず直前にしてください。また、焼く直前の塩は肉の旨みをぎゅっと中に閉じ込める作用もあります。
【作り方】
1.ほぼステーキと同じ感覚です。
弱火で焼いてしまうとかえって肉は硬くなってしまいます。なるべく表面を焼くつもりで強火で焼いてお召し上がりください。